お客様の様々なご要望に柔軟に対応する業務がお喜びいただいております。
お気軽にご相談下さい。

防水工事

CEILING
シーリング
外壁材のサイディングボードがよく使われるようになってきましたが、ボードとボードのつなぎ目(目地)に用いられているのがシーリング材です。また、アルミサッシを取り付けるときには外壁とサッシ枠の間に必ずシーリング材を充填します。
URETHANE
ウレタン塗膜防水各種
ゴムシートなどを貼るシート防水などに比べ、複雑な形状でも簡単に施工でき、つなぎ目の無いシームレスな塗膜で美観に優れるなどの特徴がある。
また、改修時に建物の傷み具合や利用方法に最適な防水層を提供でき、改修工事用として需要が多いです。
SHEET
シート防水各種
伸縮性に富んだシート(ゴム系、エンビ系)を使用するので、建物の収縮に追従性する優れた防水材料と言えます。
但し、防水材がシートの形状のため、どうしてもつなぎ目に重なる部分が生じることと防水下地の平滑さが必要とされます。
ASPHALT
アスファルト防水各種
合成繊維不織布にアスファルトを含浸・コーティングしたシート状のルーフィングを貼り重ねて形成する工法です。熱工法・トーチ工法・常温工法(冷工法)などに分類されます。
TOHU
塗布防水各種
塗布防水とは、耐水性、接着性、耐候性、耐薬品性など、総合的耐久性に優れた強靭な防水です。
独自の止水メカニズムで万一の亀裂にも対応し、建造物の寿命を確実に延ばします。

下地・外壁補修工事

COATING FILM
塗膜補修
塗装は、日光や雨・湿気により劣化が始まります。
劣化が始まると外壁にひび割れや塗膜の表面から白い粉(チョーキング)が起こりそこから雨漏りそして塗膜の剥離、最後には壁の脱落の原因へと進行していく恐れがあります。それらの劣化を未然を防ぐ為にも塗装工事をおすすめ致します。
DEFECT REPAIR
爆裂・欠損補修
爆裂・欠損とは、コンクリート自体が欠け落ちてしまう状態のことで、その主な原因は、コンクリートの被り厚が少ない部分に、コンクリートから浸透した雨水等が、躯体鉄筋に錆を発生させ、錆の発生に伴う鉄筋の体積膨張でコンクリートを押し出し欠け落ちてしまう現象です。
CRACK REPAIR
ひび割れ補修各種
コンクリート躯体の場合、ひび割れはコンクリートの性質上避けることが出来ない現象ですが、このひび割れによる雨水等の浸入が原因となり、コンクリートが損傷してしまったり、内部(室内)への漏水となる場合がある為、再度ひび割れが発生しないように発生原因を考慮した上で改修・補修処理を施す必要があります。
INJECTION
外壁浮き補修各種
外壁浮き補修は、外壁の仕上げモルタルに浮きが生じた部分のはく離・はく落を防止します。エポキシ樹脂系注入材とステンレスピンを併用して、躯体と仕上げモルタルの接着を行います。モルタル塗り替え工事と比較して、工期の短縮、工事費の節約になります。

Copyright(c) KIZUNA Co.,Ltd. All right reserved.