お客様の様々なご要望に柔軟に対応する業務がお喜びいただいております。
お気軽にご相談下さい。

ウレタン塗膜防水(通気緩衝工法)X-1

ゴムシートなどを貼るシート防水などに比べ、複雑な形状でも簡単に施工でき、つなぎ目の無いシームレスな塗膜で美観に優れるなどの特徴がある。
また、改修時に建物の傷み具合や利用方法に最適な防水層を提供でき、改修工事用として需要が多いです。
5~6年ごとにトップコート(最上位の塗膜)を再塗装することで15年程度の防水性野の保持が可能です。
15年以上の改修工事でもウレタン防水層の塗り重ね(2~3回)で済み、防水層の全面撤去が無い分工事費が安くなります。

作業工程

1.施工前、ケレン清掃
2.プライマー塗布
3.自着シート張り込み
4.脱気筒設置
5.ウレタン防水材一層目塗布
6.ウレタン防水材二層目塗布
7.トップコート塗布
8.完了

ウレタン塗膜防水(密着工法)ZHAK-200

従来、砂付き露出アスファルト防水をウレタン塗膜防水工法で改修する場合は、アスファルト分の移行などがあり直接施工することができず、ポリマーセメントモルタルや通気緩衝シート等の絶縁処理が必要となり、工期とコストの負担が生じていました。
エバーコートZero-1Hは、砂付き露出アスファルト防水似直接塗布が可能で、シームレスな防水層を形成します。

作業工程

1.施工前
2.ジョイント補強
3.プライマー塗布
4.ウレタン材塗布(1層目)
5.ウレタン材塗布(2層目)
6.トップコート塗布
7.完了

Copyright(c) KIZUNA Co.,Ltd. All right reserved.